Garuda Indonesia. The Airline of Indonesia. SKYTEAM

機内入国審査プログラム

Immigration On Board

機内入国審査プログラム(到着ビザ・機内取得プログラム)

東京(成田)発のGA881便とGA885便、大阪(関西)発GA883便では、機内入国審査プログラム(*1) を実施しております。
機内入国審査プログラムでは、機内にて到着ビザの発給と入国審査を行いますので、インドネシアに到着後、専用ブースを通ってスムーズに入国いただけます。
このプログラムは、東京(羽田)発GA887便とGA875便、大阪(関西)発GA889便では実施しておりません。(2014年6月現在)
到着ビザ・機内取得プログラムのパンフレット[成田・関西国際空港版](PDF)はこちらから

機内入国審査プログラムのご利用について
  1. 搭乗手続き
    チェックインカウンターにて、出発の1時間前までに搭乗手続きをお願いします。
    各空港(成田国際空港・羽田国際空港・関西国際空港)のチェックインカウンターの場所はこちら
    成田国際空港のセキュリティーガイド・国際線利用に際してのQ&Aはこちら
    最終目的地が最初の入国地点デンパサール(バリ島)およびジャカルタ以外(スラバヤ、ジョグジャカルタ、ロンボク等)で、同日乗継のある方のお荷物タグは最終地までお付けしますが、税関検査は最初の入国地点でお済ませください。また同日乗継のあるお客様の搭乗券は日本出国時に最初の入国地点であるデンパサール(バリ島)またはジャカルタまでと同日乗継便の目的地までお渡しします。
    注意ポイント
    • インドネシア入国に際してはパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上、連続した査証欄空白ページが3ページ以上必要です。
    • 搭乗手続き時、パスポートとEチケットを必ずご提示ください。
    • 無料受託手荷物はご利用クラスにより制限重量が異なりますのでご注意ください。また、お預けになる荷物には必ずネームタグをお付けください。
      受託手荷物についての詳細はこちら
  2. 到着ビザ購入
    チェックイン後、カウンター横の「インドネシア共和国入国査証(到着ビザ)代金支払いカウンター」にてお1人様35米ドル相当の到着ビザを日本円にてご購入ください。その際手渡されます2枚つづりのレシートは機内で入国審査官にお渡しください。審査終了後にレシートが返却されますのでインドネシア出国まで必ず保管ください。
    注意ポイント
    • お支払にご利用いただけるのは換算計算方法 (*) により換算された35米ドル相当の日本円のみとなり、日本円以外でのお支払はお受けできません。
    • 発行する受領証は従来通り、35米ドルの表記となりますが、お客様からのご要望があれば日本円での徴収額をスタンプ押印いたします。
    換算計算方法2
    ご出発前日の三菱東京UFJ銀行のウェブサイトに掲載される外国為替相場表にある米ドル(USD)の『TTS(T/C)』レートを基に計算し、端数は10円単位に切り上げをします(出発日前日が土曜・日曜・祝祭日の場合は直前の銀行営業日レートを適用します)。
    計算例:当日の適用換算レートが1USD=102.67JPYの場合、USD35 x 102.67 = 3,593.45 ⇒ 10円単位切り上げで収受額は3,600円
  3. 手荷物検査
    搭乗券とパスポートをお手元にご用意の上、お進みください。
    注意ポイント
    • 機内へのお持込みは、ハンドバックなどの携行品の他、お一人様1点のみ可能です。サイズ、重量に制限がありますので予めご了承ください。
      機内持込手荷物の詳細はこちら
    • 液体の持ち込みは制限されています。液体物(クリーム状含む)をお持ちの方はジッパー付き袋をご用意ください。
      液体物持込制限の詳細はこちら
    • ナイフ・はさみなどの刃物は機内持込ができません。
  4. 出国手続き
    搭乗券とパスポートをお手元にご用意の上、お進みください。
  5. 搭乗口へ
    搭乗口へは出発の40分前までにお越しください。
    注意ポイント
    • 保安上の理由により、国際線搭乗ゲートでパスポートと搭乗券の確認をいたしますので、お手元にご用意のうえ、お早目に搭乗口付近でお待ちください。
  6. 到着ビザ取得と機内入国手続き
    機内でお食事の後、インドネシア共和国入国管理官がビザ発給機械とともに皆様のお席にまいりますので、空港出発時にご購入いただきました到着ビザレシートをパスポートと共に係官にご提示ください。
    到着ビザレシートを審査官にお渡しいただきますと、審査終了後にレシートが返却されます。こちらはお客様用の控えです。全ての入国審査と到着ビザ発給がお済みのお客様には入国審査済みを証明する水色のカードを係員がお渡しいたしますので、到着後専用レーンを通る際に入国審査官にお渡しください。
    注意ポイント
    • 切り離された出国カードは出国時必要ですので、紛失しないよう保管ください。
      出国カードの記入例はこちらから
    • 係官から返却されたお客様用控えの到着ビザレシートはインドネシア出国まで出国カードと共に保管ください。

    機内では、お飲物のサービスやお食事のサービス、免税品販売、音楽や映画などをお楽しみください。
    機内ではインドネシア入国に必要な書類をお配りしますのでご記入ください。出入国書類はお一人につき1部必要です。税関申告書は家族に一部必要です。
    EDカード・税関申告書の記入例はこちらから
  7. 降機/入国審査場内
    機内入国手続きがお済みのお客様は機内で入国審査官から渡された入国審査済みを証明する水色のカードを審査官に手渡し、入国ください。
  8. 預入荷物の引き取り
    入国審査場を出て、機内手荷物のX線検査を受けた後、手荷物受取所(ターンテーブル)があります。荷物はご利用便の表示があるターンテーブルもしくは、その側に並べてある荷物からご自分の荷物をお引き取りください。
  9. 税関検査
    税関審査は申告品のある課税か申告品のない免税(Goods Not To Declare)かによって審査台が分かれています。機内で配布された税関申告書に記入し、係官に提出ください。
    税関申告書の記入例はこちらから

ご不明な点は連慮なく空港職員にお尋ねください。
到着から使える便利なインドネシア語のフレーズはこちらから

*1: 機内入国審査プログラム(到着ビザ・機内取得プログラム)はインドネシア共和国入国管理局の協力の元に実施するものです。利用に際しては以下の注意事項がございます。

インドネシア共和国入国管理局より
  • 成田国際空港・関西国際空港でお支払いいただいたビザ代金は、いかなる理由でも払い戻しいたしません。
  • ビザ代金受領証(レシート)は、発行日当日に限り有効です。
  • ビザ発行機器の不調やその他やむを得ない事情により機内でのビザ発給・入国審査を一部または全てのお客様に対し、行えない場合がございます。その場合、当便降機地にて入国審査をお受けいただく事になります。その場合到着ビザは成田国際空港または関西国際空港でご購入いただいたものをそのままご利用いただけます(機内サービスを受けられなかった事に対する補償はございません)。
  • 機内における入国審査で入国が認められなかった場合は、到着地にてインドネシア共和国に入国する事ができません。