Garuda Indonesia. The Airline of Indonesia. SKYTEAM

機内持込手荷物

Carry-on Baggage
機内にお持ち込みいただける手荷物についてご説明いたします。
*手荷物の制限・サービスなどは予告なく変更になる場合もございます。予めご了承ください。

機内持込手荷物

  • お一人様1点、7kgまで
  • 3辺の和が 115cm以内
    かつ各辺が長さ56cm、高さ36cm、奥行き23cm以内に収まるもの
    (キャスターや持ち手部分、サイドポケットを含めます)
お荷物のサイズや形状、客室内の収納スペースの状況により、適切に収納ができないと判断した場合は、搭乗口や機内で「受託手荷物」として貨物室にお預かりさせていただく場合がございます。
安全で快適なフライトの為に、お客さまのご理解とご協力をお願いいたします。
CRJ型機とATR型機につきましては各辺が長さ41cm、高さ34cm、奥行き17cm以内に収まるもの。

液体物の機内持込制限について

国土交通省の指示により、2007年3月1日より日本発国際線全便を対象に機内持込手荷物に関して、以下の制限が実施されておりますが、インドネシア発着の全ての国際線航空機内への液体物持込制限も2007年3月31日より実施されます。規制の内容は日本発と同じく、ICAO(国際民間航空機関)のルールに準じます。
液体類の機内持ち込みが以下の通り制限されます。なお、今回導入される新ルール(概要は以下の通り)は、液体物(ジェル及びエアゾールを含む)をインドネシア発着の国際線機内に手荷物として持ち込む際の制限であり、受託手荷物には適用されません。
  1. あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる(容器が100mlを超える容器に入っている場合、100ml以下の液体物であっても不可)
  2. それらの容器を再封可能な容量1リットル以下の透明プラスチック製ジッパー付袋に余裕を持って入れる。(袋のサイズは縦と横の和が40cm以内が目安)
  3. 旅客1人あたり1袋のみで、検査場で検査員に提示する。
  4. 医薬品、ベビーミルク・ベビーフード、特別な制限食は適用除外
  5. 保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持ち込み可(要レシートの提示)
詳細は国土交通省のホームページをご参照ください。

日本からバリ島/ジャカルタ以遠へ乗継でご旅行されるお客様へ

日本を出発される際に保安検査後、免税店等で購入された液体物・ジェル等の商品は日本から直行便運航のバリ島(デンパサール)やジャカルタへの機内に持ち込むことができますが、バリ島やジャカルタへ到着後他の国際線や国内線の乗継の際にはその他の液体物と同じ扱いになるため没収されます。 特に、オーストラリアへご旅行のお客様は液体物・エアゾール・ジェル製品の機内への持ち込みがオーストラリア交通省により厳しく制限されておりますので、ご注意ください。 オーストラリア交通省のホームページはこちら

スポーツ用品他のお取扱いについて

ガルーダ・インドネシア航空では、旅先でスポーツやホビーをお楽しみいただけるよう、お1人様1セットに限り無料でお預かりいたします。対象アイテムやサイズ、重さなどの詳細は下記にてご確認ください。
スポーツ用品他の取扱いに際しての詳細はこちら